ミラノサローネ期間中にミラノ市内では、国際家具見本本市会場の 規制を外して自己表現をもっと大胆にしたい新鋭デザイナーや企業がギャラリー、倉庫、ショーウィンドーを貸し切り、 ミラノ フォーリサローネを開催しています。世界的にも注目され、話題性が高いので、日本企業もとっておきの新作の発表の場に選びます。Fuori Milano Salone (Fuori=外を表します) の出展リストに関しては、ヨーロツパで著名なインテリア雑誌 インテルニーINTERNI)が特別号を発行してホテルロビー、ミラノサローネ国際家具見本市会場等で無料配付しています。
ミラノフォーリサローネは、ここ数年ミラノ市全体を巻き込み、一般市民や観光客も自由にデザインを楽しむ期間として盛り上がりを見せてきました。
Aコースではミラノ2日目に、ミラノ在住イタリア人建築家Lapo Lani氏によるフォーリサローネの案内と解説があります。Lani氏は御自身も昨年、フォーリサローネに出展される等、建築・アートの分野で、意欲的に活動をされています。そんな生の貴重なお話が聞けるチャンスです。専門の日本語通訳も付きますので質問も可能です。
漠然とミラノサローネとフォーリサローネを見るだけではなく、専門家の解説も伺い、より深くミラノサローネ、フォーリサローネを視察 研究することができるツアーです。
参加者の皆様にとりまして、得るものが多い内容になりますように企画しております。
2013_FUORI_ MILANO_SALONE 2014_FUORI_ MILANO_SALONE 2014_FUORI_ MILANO_SALONE 2014_FUORI_ MILANO_SALONE 2014_FUORI_ MILANO_SALONE 2014_FUORI_ MILANO_SALONE
 

 

Gプラン ミラノサローネとヴェネツィアの建築と住宅視察ツアーの案内  
   
Sプラン ミラノサローネとミラノ市内建築施設視察ツアー案内  
   
P プラン ミラノサローネ現地オプション案内  
   
2014年ミラノサローネ特集の案内  
   
ミラノサローネとは  
                 

2014 フオーリサローネ/Fuori Saloneとは

 

フォーリサローネは毎年3月中頃に 開催される会場の全容がつかめます。

世界の著名な企業からアバンドギャルドまで様々な組織がフォーリサローネを開催します。
随時ページを更新していきたいと思います。このページから色々なリンクが張っていますので 御利用ください。 インテリアエレメント輸入業として経験を生かして
Gブラン Sプラン Pプランのミラノサローネ視察ツアーを企画しました。ご参加者をお待ちしています。初めて方でも安心して参加できます。

 

同じ期間ミラノ郊外のローフィエラ ミラノ見本市会場/Rho Fiera Milanoで開催される世界の家具メーカーが出展すミラノサローネ国際家具見本市Milano Salone(コスミット/Cosmit Spa/イタリア家具協同組合主催)は家具 インテリアエレメントの商業取引の場であるフオーリサローネFuori Saloneは、名前が示すように「サローネの外」を表します。ミラノサローネ国際家具見本市は出展料が高く色々な.出展規制があるを嫌い、ミラノ市内の家具デザイナー・中小家具メーカーの関係者らが、創作したものをを展示して見てもらいたいという、自由で自然な発想で、1980年代 に生まれたました。1990年後半 ミラノサローネ国際家具見本市の会場の前でデザイナーを目指す
若者たちがミラノ市内で開催する展示会の案内状を配布していたのを良く見かけました。
その展示会に出かけると会場は狭く作品は完成度低くかったが 、かれらの熱意は強く いつかは ミラノサローネ国際家具見本市に出展することが、かれらの希望でした。 近年のフオーリサローネFuori Saloneはトレンドな話題性と世界に発信する情報力の強さから
世界の著名な企業が商品あるいは企業のブランドイメージを高める為にフオーリサローネへの出展が続き その相乗効果が急拡大しており したたかなイタリアデザイン業界の思惑と重なつて フオーリサローネがより魅力的で話題性の高い世界的な大イベント発展しています.。
 
 

 

 

 

       

 

 
       
    Brera Design District とPorta Romana DesignBrera2011版のビテオです。2012年はヨーロッパ金融不況の為制作していません。    
 

フオーリサローネ/Fuori Saloneはミラノ市をあげてのイベントとして、毎年フオーリサローネ/Fuori Saloneを開催する新たらしい地域が生まれます。お互いにその話題性を競い合っておりその代表的な地域を説明します。

 
 
    地下鉄M2ポルタジェノバ駅周辺は音楽/ファッション/アート/デザイン/など芸術活動において国際的に知名度の高い地域です。この地域の邸宅、倉庫、ギャラリー、事業所の敷地で、ミラノ市内の中で話題性の高いミラノフォリサローネが開催されます。ミラノ市ポルタジェノバのトルトーナ(Zona Tortona)地区は ミラノ市内でも最も活発に フォリサローネ が開催されています。会場はインターナショナルなプレゼンテーションエリアで、毎年、 インテリアやプロダクト、ファッション、アートなどデザインを先駆けとなる企業と多様なクリエーターが参加しそれぞれの作品をアピールしています。
 
Zona Tortona/

トルトーナ地区

   
 

プロモーターBrera Design District がBrera地 区のオーガナイズをしている

日本では良く知られているブレラ美術館 (Pinacoteca di Brera のある地区です。 

このページのBrera Design Districtのビデオを御覧ください。

2012 年のイベントは、シークレット・ガーデンというタイトルでブレラの植物園を舞台に広げられましたが、昔よりブレラ地区は中心的なその役割を果たしてきました。ショールームや、アートや手工業の世界を指揮してきたオーガナイザーによって特徴づけられ、地区を上げてオーガナイズされた Brera Design District の強力にサポートされています。ドゥオモやスフォルツェスコ城 (Castello Sforzesco) に近いゾーンもブレラ地区の対象です。

 

 

Brera /ブレラ地区

   
 

ミラノ大聖堂/ドゥオモ(Duomo di Milano) のある地域です。地下鉄San Babila駅 から Via Turati の間を、多くのショールームやギャラリーが点在するこの地区は、代表的なフオーリサローネの地区の1つです。ミラノ大聖堂/ドゥオモ(Duomo di Milano) 広場には仮設スタジオが設けられます。大聖堂ドゥオモはミラノの中心地であり、この地域はインテリエレメント、家具メーカーのショールームが多々あります。 また世界的に知られているフアションブランド の店舗 百貨店のショーウインド 事業所がスペースを開放して デザイナーの作品を展示しています それこには自由に入場が出来ます。ミラノ大学 (Università degli Studi di Milano) のキャンパスを使った会場においても家具のみならず、インテリア、都市計画まで、色々な表現方法で広範囲に展示されています。

 
Centro/
/チェントロ(市内中心部
 
 

ここ最近、もっとも熱気にあふれた地区の1つがここランブラーテ地区でしょう。 2010 年からの浅い歴史ですが、 22 の出展チームに対し、 3 万人が 6 日間で訪れたのです。創造性・実験性というコンセプトのもと、高い質や国際的スタイルが、この地区を特徴付けます。

ミラノの中心より北東に位置するこの地区の都市再開発計画、具体的には創造性と現代的思考に関する展示スペースに対するプロジェクトが発端となり、 2010 年にフオーリサローネとしての大きな成功を得、数年前までは何の魅力を持たないこの地区を様変わりさせました。 フオーリサローネが都市活性化の事例を作った地域として評価されています。 実験的でアヴァンギャルドなデザイン、そして毎年訪問者数が倍増する勢いの、熱気ある地区が、ここヴェントゥーラ~ランブラーテ地区です。オランダ人のオーガナイズにより、国際色豊かな出展が魅力的です。

 
Ventura Lambrate/
ヴェントゥーラ~ランブラーテ地区
 
 

ミラノ郊外東に位置するメチェナーテ地区の、3つの大きなイベント会場 ( 計 7600 平米 ) を使って mini-città creativa (想像的なミニ・シティ)と いうテーマのもと、 2012 年、ヒュンダイ他を招いて、フオーリサローネ・デビューを果たしました。

 
MECENATE AREA DESIGN/ メチェナ ー テ ・ アレア ・ デザイン地 区
 
 

M3地下鉄Porta Romana駅周辺ここも、地区のプロモーターPorta Romana Designがオーガナイズをし、2011年よりサローネの仲間に加わりました。「地区の再評価」をテーマに、伝統と最先端のデザインが結びつくような、文化的な提案と、地区のアピールを最重点課題とし、街の活性化を狙っています。
Goodesign~Lavorare bene e abitare meglio(よく働き、よりよく住む)というテーマのイベントが中心となるこの地区は、ミラノの南東、南北対象に位置するトルトーナ地区の姉妹版として、地域の企業が中心となって立ち上がりました。4つのゾーンごとのテーマは GREEN, LIVING, MOBILITY E FOODです。

 
Porta Romana /
ポルタ・ロマーナ地区
 
 

Fabbrica del vapore

電力会社 ENEL の元所在地であったこの地区の名前 Fabbrica del vapore 「蒸気の工場」は、 20 世紀初頭に鉄道などの蒸気モーターなどを造る工場であったことに由来します。 Via Messina と Cimitero Monumentale (AD Piazzale Cimitero Monumentale, 20154 Milano,) の間に位置するこの広大な敷地では、幅広い分野にわたり展示されますが、イタリア的な風刺した 社会的、経済的、政治的なテーマをもとにしたデザイン展示が特徴です。

 
 
Porta Garibaldi e Corso Como/
ポルタ・ガリバルディとコルソ・コモ地区

2012 年、デザインのみならず、ポルタ・ガリバルディとコルソ・コモ地区として、 Galleria Carla Sozzani, Atelier ABC, TECNO Caselli di Porta Garibaldi e Understate Crispi を擁するディメンションとして一新されました。ブレラ地区とファッブリカ・デル・ヴァポーレ地区と接します。

 
 

 

 

 

 

 
222222222
コスミット/家具協同組合 ミラノ市役所 イタリア国鉄時刻表 ミラノ見本市会場
リアルタイムミラノ市内の街並みを見る事ができます。 天気予報も確認できます。
ミラノ地下鉄 在ミラノ日本国領事館
在イタリア/ローマ日本国大使館
 

     

メールでのお問合わせ Copyright 2014    MS CORP CP 無断転用お断りいたします。