Documti edim
トノン社TONON&C SPA
フリウリ・ベネチア・ジュリア州、ウディネ地方は、ウディネ 国際チェア見本市 でも有名。そのウディネにあるTONON社は国際的ブランド として、コンテンポラリーからトラディショナルなデザインまでそのアイテムは豊富で、特にコントラクトのマーケットでは、ホテル・レストラン・ ショップ・コマーシャルセンター。公共施設などのプロジェクトで人気があります。
アゴストニー社ISACCO AGOSTONI
はヨーロッパの貴族が別荘地として愛した。北イタリアのコモ湖地域にあります。.総勢 40 人ほどの小規模な会社ですが、イタリアでは小さな家具会社ぼど,高級な家具を作り、世界に輸出するセオりがあります。アゴストニー社も例外ではありません。創業は1890年、セミクラッシックからネオクラシックまで、ただ伝統様式を継承するのでなく、毎年斬新なデザインを取入れ、ハイクウォリティーな素材を使用した芸術品とも言える家具の発表をしています。コントラクトの顧客には世界の5スターのホテル3スターのレストランしかいないと、社長の Agostoni Marco は言い切ります。お部屋の間口に合わせ、別注生産対応(オートクチュール)もしております。専属デザイナーがスケッチ図面を描き、ご希望のイメージに合わせてデザインをおこすことも可能です。。

パコ社Paco Capdell    

スペイン、バレンシアに拠点を置くパコ・カプデル。1967年の創立から全く変わらずチェアに愛情を注ぎ、頑なチェアだけを作り続けてきま した。ビセンテ・ソトがデザインしたXuxa(スーサ)チェアは有名。累計販売数が150000脚を越えるほどの記念すべきチェアです。パコ・ カプデルが卓越しているのはトレンドやファッションを超越した、衰える事のないデザインを生み出す能力にあります。クローム、スチール と木材、布張りを組み合わせたミニマリズムの新しい解釈によるチェアは無限の変化を持ち合わせています。

ベスカローロ社PESCAROLLO SRL
イタリアでの家具の生産地としては最も競争力のある北東イタリアのベネトー州ポルデノーレに立地しています。 専務のロベルタ・ペスカローロ氏は ADI (イタリアデザイン協会)会員です。建築家でもありプダクトデザイナーあるロベルタ・ペスカローロ氏は イタリア及びオランダやベルリンなどの都市建築プラン、美術館や企業建築、 CI のデザインを手掛け、インテリアデザインだけでなく、グラフィックデザイン、ガラス、眼鏡製品、照明などもデザインしています。 イタリアの家具業界が世界に圧倒的な影響力があるのは、このような人材が多々存在するか

 

ti

 

  • ]